2011年5月29日

[debian-users:55303] [Translate] [SECURITY] [DSA 2243-1] unbound security update

かねこです。
URL 等は Debian-security-announce メーリングリストの元記事を確認
ください。

------>8------------>8------------>8------------>8------------>8-
- -------------------------------------------------------------------------
Debian Security Advisory DSA-2243-1 security@xxxxx
http://www.debian.org/security/ Florian Weimer

May 27, 2011 http://www.debian.org/security/faq
- -------------------------------------------------------------------------

Package : unbound
Vulnerability : 設計ミス
Problem type : リモート
Debian-specific: いいえ
CVE ID : CVE-2009-4008

キャッシング DNS サーバ Unbound に、細工したクエリ処理後に DNSSEC で
署名されたゾーンに対する応答を行わなくなるという欠陥が発見されました
(CVE-2009-4008)。

加えて今回の更新では lenny 収録版の Unbound の DNSSEC 対応レベルを向
上させ、ルートゾーンに対するトラストアンカをシステム管理者が設定でき
るようになりました。

旧安定版 (oldstable) ディストリビューション (lenny) では、この問題は
バージョン 1.4.6-1~lenny1 で修正されています。

他のディストリビューション (squeeze, wheezy, sid) では、この問題はバ
ージョン 1.4.4-1 で修正されています。


直ぐに unbound パッケージをアップグレードすることを勧めます。

Debian Security Advisories に関する説明、これらの更新をシステムに適用
する方法、FAQ などは http://www.debian.org/security/ を参照ください。

Mailing list: debian-security-announce@xxxxx
------>8------------>8------------>8------------>8------------>8-
--
Seiji Kaneko skaneko@xxxxx
---------------------------------------------------------

投稿者 xml-rpc : 2011年5月29日 11:34
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/104201
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。