2011年5月25日

[debian-users:55288] Re: Squeeze の Xでキー入力ができない

長南です。

当てずっぽですから、間違っているかもしれません。

島田さんのメールより [debian-users:55287]
>
> (**) Option "xkb_rules" "evdev"
> (**) Option "xkb_model" "pc101"

> (**) Option "xkb_layout" "jp"
> (**) Option "xkb_variant" "PowerKeyboard"

JP106 なのに、こうなっているせいではないでしょうか。でも、
それなら、キートップの文字とタイプされる文字が違うだけで、
入力そのものはできてもよいような気もしますけれど。

最近は、キーボードの設定は、/etc/X11/xorg.conf ではなく、
udev 経由で行われているのではなかったか (それでも、xorg.conf を
見せていただいた方がよいかもしれません)。/lib/udev/rules.d/
64-xorg-xkb.rules によれば、udev は /etc/default/keyboard を
見ているようです。

/etc/default/keyboard では、どう設定されているでしょうか。
たとえば、うちの場合だと、こんなふうになっています。

XKBMODEL="pc105"
XKBLAYOUT="jp"
XKBVARIANT="106"
XKBOPTIONS=""

あれっ、うちでも pc105 になっていますね。最近はこういうものなんでしょうか。

--
長南洋一


投稿者 xml-rpc : 2011年5月25日 12:30
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/104021
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。