2009年12月30日

[debian-users:53475] Re: xfonts-* と xset fp rehash

武藤@Debianぷろじぇくとです。

At Wed, 30 Dec 2009 13:52:21 +0900,
Hideki Yamane wrote:
> On Wed, 30 Dec 2009 12:08:02 +0900
> Kenshi Muto <kmuto@xxxxx> wrote:
>  メンテナスクリプトでやったらどうかな、と思ったら、dpkg が動作している
>  ユーザの DISPLAY じゃないと反映されないよねなどがありました。

> http://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=134968
>
>  #自分的にはそれだけでもうれしいんですが…

うーん、どうかな。

XLFD参照のビットマップフォントは捨てて、ビットマップフォントをやりたければ
埋め込みTTフォントとかにしてfontconfigで扱いましょう、というのが潮流なので、
レガシーなXLFDなものについて今さらややこしい機構は入れないほうがいいと
私は思います。

すごくレアなシナリオかもしれませんが、
1. 管理者が ssh -X なリモートログイン中、
2. ログイン先のユーザ向けにビットマップフォントパッケージをインストールしたら、
3. ログイン先の環境じゃなくて管理者側のほうでフォントパス更新が行われて、
4. 何か不幸な出来事が起きる
ということも考えられますし。

(fontconfigの場合はインストールしたローカル環境にしか反映されないので、
リモートからアップデートしても問題は出ないです。)
--
武藤 健志@ kmuto @ kmuto.jp
Debian/JPプロジェクト (kmuto@xxxxx, kmuto@xxxxx)
株式会社トップスタジオ (kmuto@xxxxx)
URI: http://kmuto.jp/ (Debianな話題など)


投稿者 xml-rpc : 2009年12月30日 15:55
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/91890
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。