2009年12月25日

[debian-users:53465] Re: bind9のエラーについて

川口です。

田村様、返信ありがとう御座います。

On Thu, 24 Dec 2009 09:16:54 +0900 (JST)
Ryo Tamura <ryou.tamura@xxxxx> wrote:


> 9.5系の最新tar.gzをコンパイルインストールしたが
> $prefix/sbin/namedを実行するとSegmentation fault で
> こけたということですよね。

残念ながら最新のtar.gzからコンパイルしたのではなく、debianのソースパッケージを
持ってきてbuildをかけました。i386の環境のbind9パッケージでは問題ないことは確認
したので、ppcのbind9パッケージが壊れているのかなと思いまして。でも
玄箱では問題なかったそうなのでよく分かりません。
ちなみにもう1台のOpenBlocks600でも同じようにbind9をインストールしてみても
現象は同じでしたね。

$ sudo apt-get install bind9
Setting up libcap2 (2.11-2) ...
Setting up libxml2 (2.6.32.dfsg-5+lenny1) ...
Setting up libisc45 (1:9.5.1.dfsg.P3-1+lenny1) ...
Setting up libdns45 (1:9.5.1.dfsg.P3-1+lenny1) ...
Setting up libisccc40 (1:9.5.1.dfsg.P3-1+lenny1) ...
Setting up libisccfg40 (1:9.5.1.dfsg.P3-1+lenny1) ...
Setting up libbind9-40 (1:9.5.1.dfsg.P3-1+lenny1) ...
Setting up liblwres40 (1:9.5.1.dfsg.P3-1+lenny1) ...
Setting up bind9utils (1:9.5.1.dfsg.P3-1+lenny1) ...
Setting up bind9 (1:9.5.1.dfsg.P3-1+lenny1) ...
Adding group `bind' (GID 104) ...
Done.
Adding system user `bind' (UID 102) ...
Adding new user `bind' (UID 102) with group `bind' ...
Not creating home directory `/var/cache/bind'.
wrote key file "/etc/bind/rndc.key"
#
Starting domain name service...: bind9/etc/init.d/bind9: line 44: 12506
Segmentation fault start-stop-daemon --start --oknodo --quiet --exec
/usr/sbin/named --pidfile ${PIDFILE} -- $OPTIONS
failed!
Setting up perl-modules (5.10.0-19lenny2) ...
Setting up perl (5.10.0-19lenny2) ...
Setting up sgml-base (1.26) ...
Setting up xml-core (0.12) ...


ちょっとbind9は寝かせることにしてdjbdnsにトライしてみます。

以上です。


投稿者 xml-rpc : 2009年12月25日 16:36
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/91671
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。