2009年12月23日

[debian-users:53455] Re: vfatのshortnameの扱い


 やまねです。

 うちは sid/i386 なので squeeze/amd64 の状況は分かりませんが、

henrich@xxxxx:/tmp$ cp RIMG001.JPG /media/A26D-7211/
henrich@xxxxx:/tmp$ ls /media/A26D-7211/
RIMG001.JPG debian-501-i386-netinst.iso initrd.gz ldlinux.sys syslinux.cfg vmlinuz


 というように特に問題なくコピーできています。

henrich@xxxxx:/tmp$ mount |grep vfat
/dev/sdb1 on /media/A26D-7211 type vfat (rw,nosuid,nodev,uhelper=devkit,uid=1000,gid=1000,shortname=mixed,dmask=0077,utf8=1,flush)

 なので、shortname=mixed の状態です。


On Wed, 23 Dec 2009 11:25:30 +0900
Adachi Junichi <adachi@xxxxx> wrote:
> でもmountコマンドのの出力はmixed。
> 設定エディタの設定はいまだにwinnt
> 無視されていることになります。

 gconf-editor から見るとデフォルトでは lower のはずですが、何故か mount
 コマンドの出力を見ると mixed になっていますね。lower なのも問題ではある
 みたいですが…
http://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=476903


 gconf-editor で指定した値を無視してしまうというのはバグではないかと思います。
 何の、と言われると難しいですが…提供している機能からすると hal か devicekit
 でしょうか。
 
 
> ext3のHDD上で8.3形式の大文字のファイル名であるものを
> コピーすると英字がすべて小文字になってしまう。
> コンソールで
> cp /home/adachi/img2/DSC_0991.JPG ./
> などとすると、
> コンソールでlsをとると初めから小文字に変換されることが
> 分かるのですが、
> nautilusではいったん大文字で表示されます。

 再現方法と確認方法は以下でいいですか?

 ・gnome デスクトップ環境を用意する(squeeze 以降)
 ・vfat でフォーマットされているメディア(USBメモリなど)を用意し、マシンに接続
  して自動的にマウントされる事を nautilus や mount コマンドで確認する。
 ・ext3 でフォーマットされているメディア上で TEST1.TXT というファイルを作成する
 ・コンソールから
 $ cp TEST1.TXT /media/<media>/
  としてファイルをコピーし、
  $ ls /media/<media>/
  としてファイルがコピーされていることを確認する。
 ・nautilus から /media/<media>/ にコピーされているファイルを確認する
 
 その際の
 ・ファイル名
 ・mount コマンドで表示されるオプション(特に shortname オプション)
 がどのようなものか

--
Regards,

Hideki Yamane henrich @ debian.or.jp/iijmio-mail.jp
http://wiki.debian.org/HidekiYamane


投稿者 xml-rpc : 2009年12月23日 23:05
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/91637
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。