2009年10月30日

[debian-users:53265] Re: バージョンの異なる同一ソフトが2つ同時に存在する不具合の解消方法について

大坪です。どうも有難うございます。

>
> としてビルドしたら、うまく行きましたから(ビルドされたバイナリが正しく
> 動作するかどうかは試していません)。
>

(1) dbus-1.2.16のソースディレクトリで、

# ./configure --prefix=/opt/hoge
とし、wvstreams-4.6.1のソースディレクトリで、
# LDFLAGS="-Wl,-rpath,/opt/hoge/lib" PKG_CONFIG_PATH=/opt/hoge/lib/pkgconfig ./configure --prefix=/opt/hoge
とし、pathfinder-1.1.2のソースディレクトリで、
# PKG_CONFIG_PATH=/opt/hoge/lib/pkgconfig cmake -D CMAKE_INSTALL_PREFIX:PATH=/opt/hoge .
としてpathfinderをインストールした場合(即ち、PKG_CONFIG_PATHを用いた場合)、

(2) dbus-1.2.16のソースディレクトリで、
# ./configure --prefix=/opt/hoge
とし、wvstreams-4.6.1のソースディレクトリで、
# LDFLAGS="-Wl,-rpath,/opt/hoge/lib"./configure --prefix=/opt/hoge --with-dbus=../dbus-1.2.16
とし、pathfinder-1.1.2のソースディレクトリで、
# PKG_CONFIG_PATH=/opt/hoge/lib/pkgconfig cmake -D CMAKE_INSTALL_PREFIX:PATH=/opt/hoge .
としてpathfinderをインストールした場合(即ち、--with-dbus=を用いた場合)、

(3) dbus-1.2.16のソースディレクトリで、
# ./configure
とし、wvstreams-4.6.1のソースディレクトリで、
# ./configure
とし、pathfinder-1.1.2のソースディレクトリで、
# cmake .
としてpathfinderをインストールした場合(即ち、/usr/localにインストールした場合)、

において幾つかの電子証明書を試してみましたが、結果が異なる場合が生じました。

 即ち、電子証明書に対する電子署名が旧ルート証明書で行われており、
電子証明書のCRLに対する電子署名が新ルート電子証明書で行われているような複雑な場合には、
(3)の場合には検証合格するのに対して、
(1)及び(2)の場合には検証不合格となり、
また(1)及び(2)における検証不合格となるログ過程もまた異なっています。
(なおyamaneさんから作って頂いたパッケージをインストールした場合には検証合格となりました。)

このようなことはどうして起きるのだろうかと思っています。これもdbusの影響なのでしょうか。


投稿者 xml-rpc : 2009年10月30日 16:32
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/89829
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。