2009年10月28日

[debian-users:53249] Re: キーボードの異常動作

こんばんわ。yatsuoです。
似たような症状に遭遇したことがあります。

まったく同じ症状かどうかというと微妙ですが、なぜかキーボードのFnキーがお
しっぱなしの状態になってしまい、キーボードの右半分がテンキーになってしま
いました。

常套手段ですが、~/.gnomeや~/.gconfを退避させてみてはどうでしょう?


On Wed, 2009-10-28 at 16:00 +0900, Masa Takeuti wrote:
> 皆さん今日は
>
> 以前にも同じ問題をお尋ねしたことがあるのですが、キーボードが正常に動作しなくて、たいへん困っています。
>
> 症状は次の通りです。
>
> 上向き矢印を押すと、スクリーンキャプチュアが立ち上がってしまう。
> 下向き、右向き、左向きの矢印キーが無反応。
>
> 右Ctrlを押すと、画面下部に移動してしまう。
> 左Ctrlは無反応。
>
> 右Altが、OpenOfficeOrg、geditでは、改行する。範囲指定した時は、Deleteキートと同様に消去される。
> 左Altは、OpenOfficeOrgでは、ツールバーの一番左のコラムが開く。gedit等では無反応
>
> DELETEが無反応
>
> これらは ある日突然、こういうことになったので、それ以前はすべて正常に動作していました。
> 多分、何らかのプログラムをアップデートした際に、こういうことになったのだろうと思っています。
>
> キーボード本体には異常がないことは確かめてあります。(というか、別のキーボードを繋いても同じ)
>
> 非常に困っていますので、どなたかお智恵をお貸しください。
>


投稿者 xml-rpc : 2009年10月28日 22:32
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/89809
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。