2009年10月25日

[debian-users:53235] Re: Openofficeでの印刷時に問題が出る

小笠原です。

すみません、Printing-Japan に投げてたメール、返事帰って来てたのを
見落としてました。
日本における Linux Print Workflow の権威、大谷@BBR さんのメールを
ぺったんします。

---------------------

大谷です。

判明しました。

結論は、次です。
「OpenOffice.orgのPSへのフォント埋め込みが誤っているが、PDF workflowでない
と症状がでない。」

詳細は、以下です。

1. OpenOffice.orgが、PSにフォントを埋め込む際に、あやまっている。
Type 42 (TrueType)フォントを埋め込んでいるのですが、GID == 0のとこ
ろに、印刷できない文字(IPA Pゴシックの時の「ご」など)のグリフを
埋め込んでいる。GID==0は、.notdefグリフ専用なので、これは誤り。
Encodingの定義も誤っている。
例) 「ご」をcode==1に割り当てている場合でも、Encoding[0] に対応名(glyph1)を
代入している。本来のEncoding[1]は、.notdefのまま。

2. PDF workflow
1のバグにもかかわらず、gsだとたまたま表示できてしまう。
( code --> .notdef --> GID==0)
そのため、PDF Workflowでな
い場合は、症状があらわれない。しかし、PDF Workflowになると、1のバグ
のあるPSは、一旦PDFに変換される。そうすると、PSに戻しても表示できなくなる。
CUPSのバージョンを変えると、症状がなくなるのは、このため。
Ubuntu, Debianの新しいバージョン(PDF workflowのCUPS)でのみ症状がでる。

-------------------
回避策があるかどうか聞いてみていますが、一番簡単なのは OOo で PDF に
して、lp / lpr なり Evince なりで印刷すること、でしょうか。

OOo の ML にも報告しておきます。

[以上]
--
Naruhiko Ogasawara (naruoga@xxxxx)


投稿者 xml-rpc : 2009年10月25日 13:31
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/89692
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。