2009年10月21日

[debian-users:53209] Re: バージョンの異なる同一ソフトが2つ同時に存在する不具合の解消方法について

水原です。

At Tue, 20 Oct 2009 19:25:27 +0900,
Satoru Otsubo wrote:
>
> なおソフトAというのはpathfinderという電子証明書のpathを検証するLGPLのソフトです http://www.carillon.ca/tools/pathfinder.php)。pathfinder-1.1.2-Source.tar.gzを、必要なdbus-1.2.16.tar.gz及びwvstreams-4.6.1.tar.gzとともにインストールしようとしました。
> メーリングでは話を簡単にするためにソフトA及びソフトBとしました。即ちwvstreamsをconfigureしようとするときに上記WARNINGがでます。

ああ、やっと具体的なパッケージ名が出てきましたね。

「話を簡単に」したいのなら、実行したコマンドと、表示されたメッセージを
「そのまま」転記するのが一番です。特にトラブルシューティングの場合には、
下手に情報を省略するのは逆効果です。
省略した部分に重要な情報が含まれているかもしれないですよね?
どこに間違いがあるか、分からないからMLに質問しているわけですよね?

ちょっと暇だったので、実際に試してみました(大サービス)。
wvstreams のドキュメントに「デフォルトの openssl では conftest が通ら
ないので別途ビルドするように」とあったので、openssl-0.9.8g のソースパッ
ケージを取得して展開してあります。その他にもいろいろと追加パッケージを
入れたりしましたが、流れとしては以下のとおりです。
(芳賀さんのご指摘どおり、インストールするディレクトリは /opt 配下にし
ました。FHS準拠ですしね。)

mizuhara@xxxxx:~$ wget http://dbus.freedesktop.org/releases/dbus/dbus-1.2.16.tar.gz
[...]
mizuhara@xxxxx:~$ wget http://wvstreams.googlecode.com/files/wvstreams-4.6.1.tar.gz
[...]
mizuhara@xxxxx:~$ wget http://pathfinder-pki.googlecode.com/files/pathfinder-1.1.2-Source.tar.gz
[...]
mizuhara@xxxxx:~$ tar xvfz dbus-1.2.16.tar.gz
[...]
mizuhara@xxxxx:~$ tar xvfz wvstreams-4.6.1.tar.gz
[...]
mizuhara@xxxxx:~$ tar xvfz pathfinder-1.1.2-Source.tar.gz
[...]
mizuhara@xxxxx:~$ cd dbus-1.2.16
mizuhara@xxxxx:~/dbus-1.2.16$ ./configure --prefix=/opt/dbus-1.2.16
[...]
mizuhara@xxxxx:~/dbus-1.2.16$ make
[...]
mizuhara@xxxxx:~/dbus-1.2.16$ sudo make install
[...]
mizuhara@xxxxx:~/dbus-1.2.16$ cd ../wvstreams-4.6.1
mizuhara@xxxxx:~/wvstreams-4.6.1$ ./configure --with-openssl=../openssl-0.9.8g --with-dbus=../dbus-1.2.16 --prefix=/opt/wvstreams-4.6.1
[...]
mizuhara@xxxxx:~/wvstreams-4.6.1$ make
[...]
mizuhara@xxxxx:~/wvstreams-4.6.1$ sudo make install
[...]
mizuhara@xxxxx:~/wvstreams-4.6.1$

という感じで、問題なく wvstreams まではインストールできました。
(pathfinder は cmake を使っている上、依存関係が間違っているようなので、
まだビルドには成功していません)

wvstreams は dbus のライブラリだけではなくインクルードファイルも必要と
するので、スペシャルな --with-dbus というオプションを指定してやらなく
てはならないようです。ちなみに --with-dbus=/opt/dbus-1.2.16 ではダメで
した。汚いことに dbus のビルドツリーの中に作成されたライブラリを探しに
行くようなので、ビルドツリーを指定する必要があるようなのです。

あ、いま気が付きましたが、configure の中で pkg-config を呼んでいるよう
なので、PKG_CONFIG_PATH=/opt/dbus-1.2.16/lib/pkgconfig などとしてやれ
ば良かったのかもしれません。

configure が失敗したときには、同じディレクトリにできている config.log
というファイルを見てみると良いですよ。まあシェルスクリプトが読めないと
手に負えないと思いますが。

しっかし wvstreams も pathfinder も、筋の悪いパッケージですね…。

そこまで苦労してインストールする必要があるんですか?
Debian パッケージになっている古いバージョンじゃダメなんですか?


投稿者 xml-rpc : 2009年10月21日 03:43
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/89627
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。