2009年10月 8日

[debian-users:53148] Re: LVSとkeepalivedで不可分散

高橋です。

そもそも論のような気がします。

そもそもマルチホームにするのは、どちらかのグローバルアドレス
が死んでも(ルータの故障等)、そのグローバルアドレス宛てのパ
ケットをもう一つの別のグローバルアドレスで受け取れるようにし
ないと、冗長化にはならないよね… という意味に、私は理解しま

した。

『つまり経路を切り替えるわけだから、上位のルータとお話をして
ダメなときはこっちにまわしてね〜 というルータどうしのやり取
りが必要なので、BGPが必須』という、話だと思っていました。

もちろん、パケットが到着さえすれば、その後の処理は西端さんの
おっしゃる通りだと思います。

■私が誤解してるのかなぁ〜(苦笑)

Nishihata Toshihiro さんは書きました:
> 一応、BGP のルート配送を受けてなくても実現は出来ますね。
> iptables でタグ付けして、入力インタフェースを覚えておいて、
> 戻りの通信は入ってきたほうのインタフェースから出す。みたいな。

--- snip ---


--
Hiroshi Takahashi
Funabashi Chiba, Japan
http://ameblo.jp/it-tutor/


投稿者 xml-rpc : 2009年10月 8日 02:03
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/89241
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。