2009年9月27日

[debian-users:53071] Re: lenny でキーボードが認識されない

On Sun, 27 Sep 2009 18:36:52 +0900
Yasufumi Haga <yasufumi.haga@xxxxx> wrote:

芳賀です。補足です。
> なお、grub のメニューでカーソル移動キーが効かなかったのは、おそらく、
> http://www.debian.org/releases/stable/i386/ch03s06.html.ja
> の「3.6.4. 気をつけるべきハードウェアの問題」に書かれている
> 「USB BIOS サポートとキーボード. AT 形式のキーボードがなく、USB のものしかない場合、BIOS 設定で legacy AT keyboard emulation を有効にする必要があります。」

> という箇所に該当する現象だろうと思いました。

そこで、BIOSの説明書にはデフォルトは "AUTO" だと書かれているものの、思い込みは
禁物なので、BIOS の設定画面を呼び出して調べたところ、"DISABLED" になってい
ました。そこを "AUTO" に変更したところ、無事 GRUB のメニューでカーソル移動キー
が働くようになり、ブートするカーネルが選択できるようになりました。
PS/2 - USB 変換コネクタを介した PS/2 の HHK Lite2 もちゃんと USB キーボードと
して認識されているようです。
この BIOS の設定画面は DEL キーを押下して呼び出すので、設定変更には標準の
フルキーボードを使いました。HHK LIte2 では、"DEL"キーは "Fn" キーと "BS" キーの
組み合わせになっているので、設定変更が終わってから、ためしに HHK Lite2 でも呼
び出してみたのですが、このキーの組み合わせを認識してくれませんでした。
以上です。
--
Yasufumi Haga <yasufumi.haga@xxxxx>


投稿者 xml-rpc : 2009年9月27日 22:14
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/88925
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。