2009年9月24日

[debian-users:53028] Re: lenny でキーボードが認識されない

おはようございます、芳賀です。
みなさん、たくさんのアドバイス、ありがとうございます。

HHK Lite2 の代わりに、押し入れにしまい込んであったフルサイズの標準キーボード (PS/2)
をつないで試してみました。以下が、電源投入以降の結果です。

0) 通常どおりブートし、GDM からログインを試みるが、キーボード反応なし。マシン再起動。
1) GRUB の編集モードで、コマンドラインから英数字、記号入力 = 正常

2) シングルユーザーモードでブート
3) ブート途中での root のパスワード要求に対して、正しい root のパスワードを入力 = 正常
4) シングルユーザーモードでのブート完了。root のプロンプト (#) が表示された。(ちょっと感激!)
5) /sbin/shutdown -r now 実行
6) GRUB の編集モードで、コマンドラインから英数字、記号入力 = 正常
7) シングルユーザーモードでブート
8) ブート途中での root のパスワード要求に対して、正しい root のパスワードを入力 = 反応なし
ctrl-D 押下 = 反応なし
9) ハードウェアリセットスイッチ押下
10) 通常どおりブート
11) GDM 経由のログイン = 正常
12) 現在に至る

となりました。ログイン後、aptitude で proftpd をインストールし、FTP 接続を設定後、
/var/log 以下と xorg.conf を windows 側に持ってきました。
ctl-Alt-F1/F7 を使い、コンソールと X の間の行き来もできるし、コンソールからのログイン
もできました。

xorg.conf の中を見ましたが、なんだかすごく「すっきり、さっぱり」しています。
# でも、xorg.conf がどうであれ、ブート途中で root のパスワードが入力できないこととは
# 関係ないだろうし、うーん...

/etc/console/boottime.kmap.gz の中身は、jp106.kmap.gz とは明らかに異なっている
ので、おそらく英語配列なのだろうと思います。

以下がインストールされていた xorg.conf です。冒頭のコメント行は削除しました。
Section "InputDevice"
Identifier "Generic Keyboard"
Driver "kbd"
Option "XkbRules" "xorg"
Option "XkbModel" "jp106"
Option "XkbLayout" "jp"
EndSection

Section "InputDevice"
Identifier "Configured Mouse"
Driver "mouse"
EndSection

Section "Device"
Identifier "Configured Video Device"
EndSection

Section "Monitor"
Identifier "Configured Monitor"
EndSection

Section "Screen"
Identifier "Default Screen"
Monitor "Configured Monitor"
EndSection

現時点では以上です。
よろしくお願いします。
--
Yasufumi Haga <yasufumi.haga@xxxxx>


投稿者 xml-rpc : 2009年9月24日 10:31
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/88877
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。