2009年9月 6日

[debian-users:52936] Re: 音とキーボードが設定できません。

長南さん
[debian-users:52857] Q for lenny KANA 'む' is 無無無 ? 
で xorg 等に関する数々の助言を頂いた、谷村@Debian 浦島です。

長南洋一 さんは書きました:
>> ところが、lenny では (と言うか、lenny 以後では) 「dpkg-reconfigure
>> -pmedium xserver-xorg」は、xorg.conf を作ってくれないみたいですね。
>


以前に頂いた助言を杖に script 等を読み解く試みを始めました。
未だに一知半解ながら試行した結果、私なりの妥協環境に辿り着きました
ので、(スレッドを変えるべきかも知れませんが) ご報告をいたします。

# 目標は、非力な vintage PC で 使い勝手のよい Debian の環境を築く。
# X は重いので、普段は使わないが、日本語が必要な場合のために備える。
# 従って、login は virtual terminal の CUI で行いたい。
# 但し、CUI での error message 等は English 表示が望ましい。
# 使用者本人の Debian system 知識が無いので、設定は出来るだけ簡単に。

以上の目標に沿うべく試行錯誤した結果は...
1) CUI の font を小さくする
 GRUB の kernel entry line に VGA=789 を追加。
2) login を virtual console から
 # cp /etc/ini.d/gdm /etc/init.d/gdm.org に退避。
# update-rc gdm remove
(注) gnome -> system -> grphycal login manager の チェクを外すと
   その後の挙動 (CUI<->GUI) に違和感あり、止めました
3) CUI での error messages を English にする
 .bashrc に LC_MESSAGES="en_US.UTF8" を加える。
 (注) startx で X に入ると、gnome の desktop は 日本語から英字に
  成っているが、 gedit は CTRL-SPACE etc. で anthy になり
  key-map, console も正常に日本語入力が可。 ('む' は'む')
4) CUI -> GUI は startx で。
GUI -> CUI は X からの logoff で。
 (注) ALT-CTRL-PF[2-6] では、CUI になってからなお CTL-C が必要。
   さらに、GUI に帰るときの ALT-CTL-PF7 が利かない。

以上です。
理論的な根拠なしの試行錯誤の結果ですから、記述に誤りや矛盾及び
不明確な点もあると思いますが、コメントを頂ければ幸甚です。

以上ご報告いたします。
その節は有難うございました。
--
with regards,
-----------------------
Hitoshi TANIMURA
tanimura@xxxxx
-----------------------

投稿者 xml-rpc : 2009年9月 6日 14:19
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/88309
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。