2009年8月29日

[debian-users:52897] Re: Karnel Panic (元・・・Startupmanagerでの「緊急起動ディスク」の作成がエラーになる)

返事が遅れてすいません。返信ありがとうございます。
何がなんだかわからなくなったので、再インストールしました。

お手数かけましてどうもすいません。


> (/mnt/floppysumではなく)/mntは最初から提供されるディレクトリで、不可欠と
> いうほどではないものの、システム/管理ユーザによって使われる可能性のある

> ものです。なので、消すべきではありません。

floppysumだけ消せばよいものを、上位ディレクトリまで消すなんて、とんちん
かんなことですよね。確かに「/mnt」は、インストール直後にすでにありまし
た。どうやらmejikoは、緊急フロッピー作成のときに作られたのだなと勘違いし
ていたようです。


>
> 興味があるのは/mntを消したことでPANICが出たという点ですね。
>
> GNOMEデスクトップをインストールした直後の環境で/mntをリネームした限りでは、
> 起動時にPANICすることはありませんでした。
> /mntがないために何らかのデーモンアプリケーションがcore dumpを吐き、それで
> カーネルから(PANICではなく)メッセージが出ることはありますが、ユーザモードで
> 動作しているはずの単なるアプリケーションがPANICを引き起こしたならとても興味
> 深い。ルートファイルシステムが起動しているのだから、/etc/fstabでは存在しない
> デバイス/マウントポイントのものは単に無視されるはずだし、原因として考えられる
> のは、
>
> ・カーネルデバイスドライバと連携する行儀のよくないアプリケーションが存在する
> (マウントに絡むもの)
> ・実はcanon/mejikoさんがさらに何かまずいことを設定していた
> ・カーネルPANICではなく/mntがないことで何かがcore dumpし、そのまま待ち状態
> に入ってる
> ・異常気象
>
> あたりですかね。

うーん、mejikoもその該当するソフトウェアをインストールした覚えはないし、
まずい設定もした覚えもありません。ただしいていうなら、havpをインストール
していたことですかね。

havpはマウントの設定を変更しないと動作しませんから。


とりあえず再インストールしましたし、今のところは正常に動いています。そし
てここまで分かったことは、以下の二つです。

1・・・StartupManagerでの緊急フロッピーディスクは失敗している。代わりに
手動で作成した方が楽である。

2・・・「/mnt」は消さない。「/mnt/floppysum」のみ消す。


以上です。mejikoの度重なる勘違い、どうもすいませんでした。

投稿者 xml-rpc : 2009年8月29日 13:43
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/88114
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。