2009年8月24日

[debian-users:52853] Re: Q for lenny KANA'む' is 無無無 ?

長南です。

ちょっとボケたことを書いていたので訂正します。ついでに、補足も。

わたしのメールより [debian-users:52851]
>
> > X Window off => CUI environment 一箇所のみ変
> >

> > !"#$%&'()~=~| <= shift+0 が ~ (shift+^ は正しく '~')
> > 1234567890-^\ <= '\' は'逆/' (現在 Win 上のため)
>
> わたしのところでも、Shift+0 はチルダ (~) です。
> これで正常なんだと思います。xmodmap -pke | less を実行して、
> keycode 19 と 21 の箇所を見てください。

X の外、つまりコンソールの話ですから、xmodmap -pke をやっても
意味がありませんでした。この場合は、

less /etc/console/boottime.kmap.gz

を実行して、keycode 11 = zero と keycode 13 = asciicircum を
探すべきでしょう (コンソールと X では、同じキーでも keycode が
違うので、ご注意ください)。わたしのところでは、

keycode 11 = zero asciitilde nul

keycode 13 = asciicircum asciitilde Control_asciicircum

いづれにしろ、Shift+"0" も Shift+"^" も asciitilde になっています。
ですから、「tanimura さんのところでも、コンソールのキーボードは
ちゃんとした日本語配列になっているようだし、、Shift+"0" でチルダが
出るのは正常だ」という結論は変わりません。

> $HOME/.Xmodmap を作るだけでよいのは、gdm からログインする場合です。
> gdm が使っている /etc/gdm/Xsession は、$HOME/.Xmodmap を読んで
> くれます。しかし、startx --> /etc/X11/xinit/xinitrc --> /etc/X11/Xsession
> の Xsession の方は、たぶん $HOME/.Xmodmap を読んでくれません。
> だから、.Xmodmap が役に立たないのです。
> この場合は、ホームディレクトリに .xsessionrc を作って、
>
> xmodmap ~/.Xmodmap
>
> と、書いておけばよいと思います。

Gnome を使っている場合は、~/.xsessionrc の代わりに、~/.gnomerc に
書いてもよいだろうと思います。

それから、こうしたことをやる必要があるのは、xorg.conf のキーボードの
設定で jp106 を指定しても、相変わらず「む」キーでバックスラッシュが
出てしまうときだけです。念のため。

--
長南洋一


投稿者 xml-rpc : 2009年8月24日 19:55
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/87804
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。