2009年8月16日

[debian-users:52807] Re: 「DSA_1862-1」について

On Sun, 16 Aug 2009 23:10:15 +0900
canon <kame55-itasenpara123@xxxxx> wrote:
> もし、まだ設定が不適切なところがありましたら、ご指摘をよろしくお願いしま
> す。なお、メーラーは「evolution」です。
>
> なお、このメールのエンコードは「EUC-JP」にして送信しました。もし
> 「UTF-8」のままになっていたらすいません。

 ISO-2022-JP の方が好ましいです。evolution が対応してないかもしれませんが。

 カーネルですが、aptitude を引数なしで起動し、利用しているlinux-image-2.6-*
 パッケージを選択すれば該当の修正済パッケージを入れることができませんか?


> 「Proposed-update」はセキュリティーアップデートの対象ではない、トラブル
> が起きたときは自分で何とかするといっても「proposed-update」にもいい面が
> あり、stable-securityではフィックスされていないような脆弱性がフィックス
> されているパッケージがインストールできたり、バグフィックスなパッケージが
> インストールされたりします。

 次期安定版のリリース「候補」なのでその点が理解できるかどうかですね。
 

> 最後にこれらのことをまとめての一種の提案なのですが「software sources」の
> 「Proposed-update」を選択するときに警告を促し、ユーザーに確認させたりす
> るというのはどうでしょうか? 

 どうなんでしょうね。無視される可能性が高いようにも思いますが…
 #自分は software sources 使ってもいないので不明。

--
Regards,

Hideki Yamane henrich @ debian.or.jp/iijmio-mail.jp
http://wiki.debian.org/HidekiYamane


投稿者 xml-rpc : 2009年8月16日 23:50
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/87651
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。