2009年8月 4日

[debian-users:52766] Re: xhostを常に設定したい

長南です。

わたしは普段 Gnome を使用していないので、間違ったことを書くかも
しれません。そのときはご容赦ください。

河野さんのメールより [debian-users:52765]
>
> > gdm では「X クライアントのスクリプト起動」を

> > 選んだわけですね。
>
> これは「システム」ー「システム管理」ー「ログイン画面」ー
> 「全般」ー「デフォルトのセッション」にあたるものなのでしょうか。

いえ、わたしとしては、ログイン画面の「オプション」→「セッションの
選択」で選ぶことを考えていました (ディスプレイマネージャに GDM を
使っていればですが)。

> ここは操作していなかったのですが、ご指摘の
> 「X クライアントのスクリプト起動」がデフォルトで指定されておりました。
> ということは、もしここを「GNOME」としていた場合、
> ~/.xsessionは使われないことになるということですね。

こちら (Gnome の「システム管理」→「ログイン画面」)の方は、
ログイン画面で「セッションの選択」を選んだときに表示されるメニューの
先頭に(というより二番目に) 何が出てくるかを決めているだけのようです。
ですから、ここが「GNOME」になっていても、~/.xsession が使用される
こともありえます。

> > 本当に .xsession に「xhost +localhost」としか書かなかったんですか。
>
> xhost +localhost
> exec gnome-session
> と書くと、正常に起動し、xhostも効くようになりました。

> ところで、このような環境変数を自動で設定したいときなどは、
> ~/.xsessionにこのように書くのがセオリーなのでしょうか。
>
> とすると、以後同じような作業を行うときは、既存に設定している
> ウィンドウマネジャに合わせてexec を記述しなければならない、と
> いうので正しいでしょうか。

自分で ~/.xsession を書くのなら、そういうことになります。
つまり、デスクトップ環境 (あるいはウインドウマネージャ) の
起動も自分で面倒を見なければならないわけです。

Gnome を使用する場合は、Gnome を起動する前に実行しておきたい
コマンドを ~/.gnomerc に書いておくという手もあるようです。
そうしておいて、ログイン画面 (GDM) でセッションに Gnome を選ぶだけです。
~/.gnomerc に exec gnome-session を書く必要はありません (たぶん、
書いてはいけない)。また、~/.xsession も必要ありません (あっても
読まれない)。

GDM からログインする場合は、/etc/gdm/Xsession →/etc/X11/Xsession.d/*
というふうに起動スクリプトが実行されます。一度流れを追っておくと
よいと思います。かなり面倒ですけれど。

--
長南洋一


投稿者 xml-rpc : 2009年8月 4日 17:38
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/87284
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。