2009年6月 7日

[debian-users:52552] Re: 「更新情報が古くなっています」との警告が出る

mejikoです。返信ありがとうございます。

自分から立てたのに、返信が遅れてしまうとはとんだ迷惑をおかけしました。忙
しい中でしたが、皆様方のやりとりの内容をフルブラウザにて読ませていただき
ました。

とても参考になるご意見など得られました。ありがとうございます。

apt-getからaptitudeになって、コマンドの解釈が少し異なるようになりました
ね。
例えば「aptitude upgrade」を打ったときに

> > > > ”W: The "upgrade" command is deprecated; use "safe-upgrade" instead.”

とか出たり「full-upgrade」が「dist-upgrade」になったりだとか、aptitudeと
apt-getの差というのは大きく、またややこしいところがありますね。(メッ
セージの英文のうけとり方とか)

なので未だに慣れず「safe-upgrade」するところを「dist-upgrade」したり……。

ちなみにこの警告が出た際、少々ビックリして、「upgrade」じゃダメなの?
と思いました。そんで慌てて「dist-upgrade」した経験がありますが、このメー
リングリストのレスを読む限りでは、決してそういう意味ではないようですね。

あと、両者の機能の差もありますね。例えば依存関係解決の時にインストールさ
れるソフトの量だとか。

これから勉強して理解していこうと思います。


また英文の辞書の「英辞郎」は、CDも販売されているそうですね。ウェブサービ
スは無料なので、ぜひそれも活用して行きたいと思います。


> > # 「推奨に非ず」ではなく「推奨せず」だろうから、「不推奨」ではないかと
> > # 思うのですが、たいてい「非推奨」と言いますね。
> >
>
> # ”非”と”不”、日本語難しいですね。

そうですね。自分も時々そういうのあります。「非」「不」「無」「未」といっ
た打ち消しの言葉は、使い分けが難しいですからね。本当に日本語は難しいで
す。

# 英文のmanページをコピペして機械翻訳にかけたときの日本語も、よく分から
ない……。
# なのでいつもは「ピリオド」ごとに区切って翻訳にかけてます。それでも分
からないとき
# は、カンマごとに区切ってやりました。Debianのセキュリティー強化マニュ
アルも、そん# な感じで……。大変でした。


投稿者 xml-rpc : 2009年6月 7日 17:49
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/85658
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。