2009年6月 5日

[debian-users:52541] Re: 「更新情報が古くなっています」との警告が出る

渡辺です。

2009-06-05 (金) の 21:41 +0900 に canon さんは書きました:

>
> そうですね。確かに不便に感じることはないです。当方は「アップデートマネー
> ジャー」でアップデートしていますけど、時々はコンソールで「aptitude
> update」して「aptitude dist-upgrade」してます。


自分の場合、普段はdist-upgradeは使いません。
(本能的に怖いです。使うときは十分慎重に使います。)
>
> もしかして本当は「safe-upgrade」が正解? これでもうまくいってますが……。

aptitude upgrade とすると、自動的にsafe-upgradeで処理してくれるようで
す。

>
> ただアップデートマネージャーですると、Synapticの「履歴」に残るので、当方
> はいつもそれでやってます。
>
コンソールからのaptitudeも/var/log/aptitudeとしてログされます。

>
> しかし何もしてないときにこの警告(情報)でたら、少し冷汗掻きます……。この
> バグの重大性が「Severity: important」(重要?)な意味もよく分かります。
>

そうですね。真面目な方はドキッとされるかもしれないですね。

# ご自分でプログラム、C++とかC、あるいはJavaなどという
# 難しい言語はともかくとして、比較的馴染みやすい言語で
# 例えばPerlのようなスクリプト言語+Tkでプログラムを
# 作ってみる。そして出力するメッセージを自分で作る。
# そうこうしていると”メッセージ”の見方も変わってくるのでは、と。^^
# まあ心配するにこしたことはないと思いますが、、、。


--
_/_/_/
渡辺

投稿者 xml-rpc : 2009年6月 5日 23:08
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/85644
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。