2009年6月 5日

[debian-users:52539] Re: 「更新情報が古くなっています」との警告が出る

返信ありがとうございます。

> ネットワークに異常がないのに云々と言われていますね。
> また、折角の情報アイコンが役立たずになってしまう、と言われていますね。
> 右クリックからの挙動がおかしいのは自分も最初にこのアイコンが出現した時か
> ら、
> 気がついていました。
> しかし自分の場合その段階でアイコンの右クリックからの操作はせずに、

> コンソールからアップグレイドしています。
> このアイコンがでるようになったのはlennyからで、
> 以前はコンソールからほとんど毎日アップグレイドしていましたので、
> 別段気にならないわけです。
> さしあたって不便に感じるわけでもないし、、、。

そうですね。確かに不便に感じることはないです。当方は「アップデートマネー
ジャー」でアップデートしていますけど、時々はコンソールで「aptitude
update」して「aptitude dist-upgrade」してます。

もしかして本当は「safe-upgrade」が正解? これでもうまくいってますが……。

ただアップデートマネージャーですると、Synapticの「履歴」に残るので、当方
はいつもそれでやってます。

しかし何もしてないときにこの警告(情報)でたら、少し冷汗掻きます……。この
バグの重大性が「Severity: important」(重要?)な意味もよく分かります。

投稿者 xml-rpc : 2009年6月 5日 21:41
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/85641
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。