2009年5月20日

[debian-users:52471] screenとambiguous width問題

佐藤です。

squeezeを使っているため、lenny(stable)と若干食い違いが出る可能性もある
のですが、screenの文字幅問題が気になっております。

# この議論は以前当MLでもあったのは確認してます(私も不用意に出して迷惑を
# かけた記憶があります)が、あえて現状の確認ということもあり出させてもら
# いました。みなさんのところではいかがなのでしょうか。


4月の中旬にscreenのパッケージリビジョンが更新されたため、aptにて更新さ
れたのですが、CJK ambiguous widthパッチが含まれているにもかかわらず、
効果があまりない(幅がずれて認識されてしまい、端末化けが起きる)ような感
じがしております。
使用している端末エミュレータはPuTTYのごった煮版およびgnome-terminalで
す。普段使いはPuTTYのほうですが、文章入力に支障がかなり出てしまします
(Emacs上でCtrl+Lをかなり押すハメになる)

ということで、別の場所で取得したパッチに差し替える形で私家版パッケージ
を毎度作っている状況です。

(1) apt-getでscreenパッケージソースを取得する
(2) debian/paches内の00listで40cjk_eastasianを無効にし、末尾に
60_cjknewを入れておく
(3) 私家版width対策パッチ(60_cjknew.dpatch)をdebian/patchesを置く
(4) debchange( -i?)でパッケージリビジョンを更新しておく
(5) dpkg-buildpackageでソースパッケージを作る、pbuilderでパッケージ化、
dpkgで入れる

私家版パッチは http://fuga.jp/~densuke/data/60_cjknew.dpatch に参考ま
でに置いてます。

これで完全に解決するわけではないのですが、まだマシな挙動になります(個
人的かもしれませんが、劇的にCtrl+Lする回数が減りました)。

もしこれが有効であれば、差し替えをしてもらいたいとバグ登録にツッコみた
くなるところなのですが、個人的な思い違いなどがあるのかもしれないので御
意見をいただけたらと思います。


--
佐藤 大輔/densuke@xxxxx
follow me! -> http://twitter.com/densuke


投稿者 xml-rpc : 2009年5月20日 13:21
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/85241
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。