2008年7月29日

[debian-users:50811] Re: 固定グローバルIPサーバの公開がうまくいきません

>>nat descriptor address outer 1 ルータIP
>>nat descriptor address inner 1 ローカル

上記2行は、使ったことがないので何ともいえません。こちらの環境では、な
くても動いています。


>>nat descriptor masquerade static 1 1 ルータIP

>>nat descriptor masquerade static 1 2 ルータIP

ルータIPってのは、変です。linuxサーバのIPアドレスでは?
プロトコルやポート番号を指定しなくて良いのかどうかまでは、試したことが
ないので何ともいえませんが、ないと駄目だと思います。


>>nat descriptor masquerade static 1 3 ローカル
>>nat descriptor masquerade static 1 4 ローカル
>>nat descriptor masquerade static 1 5 ローカル
>>nat descriptor masquerade static 1 7 ローカル
>>nat descriptor masquerade static 1 8 ローカル

ローカルっていうのがなんなのか分かりませんが、192.168.0.0のネットワー
クだとすると、間違えです。
IPアドレスには、宛先IPアドレスを記述するので、linuxサーバのIPアドレス
となります。

テーブルに8エントリー記述しているのは、なぜだかよく分かりません。
グローバルIPが8個割り当てられていることと何か関係ありですか?


>>事前にyamahaのサポートへ問い合わせをconfig付で行いましたが
>>「サーバ側の問題でルータの設定は問題ない」と断言された為、こちらに
>>お邪魔した次第です・・・

であれば、ご自分で普段使っているOSをDMZに接続して、切り分けをした方が
良いと思います。

Wiresharkなどのフリーのパケットキャプチャソフトを、インストールしてあ
げれば、pingパケットがlan2まで到達してるかどうかすぐ分かりますので、試
してみてはいかがでしょうか。

Windows用のバイナリや、debian gnu/linuxであれば、aptitudeでインストール可能です。
---
08/07/29(火) 19:46 荒川 (mailto:naga9@xxxxx)


投稿者 xml-rpc : 2008年7月29日 19:46
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/75767
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。