2008年7月17日

[debian-users:50758] [再送]第42回 東京エリア Debian 勉強会 (2008/07/19)

[再送] 第42回 Debian 勉強会のお知らせ

今月の Debian 勉強会 は Google にお邪魔しての開催となります。 時間と場所が通常とは違って
いますので十分にご注意ください。

Debian 勉強会とは、Debian の開発者になれることをひそかに夢見るユーザたちと、ある時にはそ
れを優しく手助けをし、またある時には厳しく叱咤激励する Debian 開発者らが Face to Face で
Debian GNU/Linux のさまざまなトピック(新しいパッケージ、Debian 特有の機能の仕組につい

て、Debian 界隈で起こった出来事、etc)について語り合うイベントです。

参加される方は主に東京を中心に関東近郊の国籍・性別不問の Debian ユーザです (Debian をまだ
使ったことが無いが興味があるので…とか、かなり遠い所から来てくださる方もいます)。開発の
最前線にいるDebian の公式開発者や開発者予備軍の方も居ますので、普段は聞けないような様々
な情報を得るチャンスです。お時間が合えば是非御参加下さい。(また、勉強会で話をしてみたい
という方も随時募集しています)。

開催日時・会場

* 日時:2008年7月19日(土) 14:00-18:00
* 費用:資料代として 500 円以内を予定
* 会場:Google 東京オフィス (セルリアンタワーオフィス棟内 7F) 。
入館方法について、以下の点を注意してください(勝手に入館して「不審者」とみなされ
た場合には、警察のお世話になることもあります)。
- 集合場所はセルリアンタワーの 地下1F です。
- 当日 13:55 までに集合してください。時間厳守です。
- 到着した場合、担当者まで電話連絡ください。担当者の連絡先は、登録締切り後に各
自メールアドレスへ連絡いたします。
- 当日遅れて参加される方は、必ず担当者までその旨をメールで連絡ください。
詳細については 勉強会の Web ページ [0] を参照ください。

内容
1. kernel patch の Debian パッケージ作成について(担当:岩松信洋)
実は Linux kernel 用の各種 patch も パッケージとして配布されている Debian。
あまり語られることのない Linux kernel patch パッケージの作り方と使い方について紹介します。

2. kernel module の Debian パッケージ作成について(担当:岩松信洋)
vanilla kernel に取り込まれていない kernel ドライバを Debian 流で扱うにはどのようにすればいいのか。
Linux kernel module パッケージの作り方と使い方について紹介します。

参加方法と注意事項
参加希望者は事前登録の上、事前課題の回答を勉強会用メーリングリストに送付してください。期限は 7 月 17 日中です。
事前登録、及び事前課題の内容と送付先については Debian 勉強会の Web ページ[0] を参照下さい。

この件に関するお問い合わせは Debian 勉強会担当者:岩松信洋 (iwamatsu at debian.or.jp ) までお願いいたします。

[0]: http://tokyodebian.alioth.debian.org/2008-07.html

--
Nobuhiro Iwamatsu

投稿者 xml-rpc : 2008年7月17日 11:31
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/75440
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。