2008年7月 4日

[debian-users:50723] ログイン直後にX WindowSystemがハングアップ

渡辺と申します。また、お世話になってもよろしいでしょうか。

Etchの登場以来、もう随分長いこと愛用させていただいているのですが、
1〜2週間程前から、帰宅後にパソコンの電源を入れ、gdmのログイン
のダイアログからログインして数秒すると、X Window Systemが
ハングアップすることが時々起きるようになってしまいました。

Alt+Ctrl+F1で仮想端末へ移動できませんし、Alt+SysRq+Sなども

効きません。仕方なくハードウェア的にリセットしてログインし直すと、
やはりハングアップしてしまいます。

そこで、ログインする前に(ハングアップする前に)さっとAlt+Ctrl+F1で
仮想端末へ移動し、/etc/init.d/gdm stop を実行したところ、
(コアダンプっていうんでしょうか)nvidia関連と思われるものが
(警告ブザーとともに)出力されました。
このことを私は理解できていないのですが、試しに、
/etc/X11/xorg.confにて、Section "Device"のDriverを
nvidiaからnvへ戻して、再起動してみたところ、ログインしても
ハングアップしなくなりました。

私はnvidiaドライバでテレビ出力の機能の便利さを享受しているので、
nvidiaが使えないと困ってしまう次第であります。

一応、nvidia-kernel-2.6.18-6-amd64パッケージの
/usr/share/doc/nvidia-kernel-2.6.18-6-amd64/README.Debian
には、バグがあったら上流の人に文句を言ってね、と連れないことが
書いてあるのですが、そこを何とか、どなたか親切な方、
何かヒントなぞをいただけないものでしょうか。

m-a(module-assitant)で、nvidia-kernel-sourceから自分で構築
しても、同じバージョンだから結果は同じになりますよね?

どうして、最近まで1年以上も問題が無かったのに、突然、問題が
起き始めたのでしょうか。そういえば、関係無いかもしれませんが、
最近、Gimpで6300x6000ピクセルが9層のxcf画像を2つ開いていたり
したときにハングアップしてしまったことがありました。

ただ、メモリはけっこう余裕があると思います。
前述の画像を開く前は、

$ free
total used free shared buffers cached
Mem: 4031640 2173376 1858264 0 5176 1754396
-/+ buffers/cache: 413804 3617836
Swap: 2097144 76 2097068

開いた後は、

$ free
total used free shared buffers cached
Mem: 4031640 3991688 39952 0 4460 2784428
-/+ buffers/cache: 1202800 2828840
Swap: 2097144 24 2097120

2,828,840というと3GB近く余裕がありますよね??


投稿者 xml-rpc : 2008年7月 4日 23:27
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/74984
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。