2008年4月25日

[debian-users:50437] Re: SpamhausのPBLの使い方

岩男です。

On Fri, Apr 25, 2008 at 05:56:41AM +0900, Tomoo Nomura wrote:
> ホームページによりますと、PBLではじかれる場合は、 SMTPのAuthenticationを
> onにすれば良いとありますが、これも意味不明です。出張等で、普段使わないプ
> ロバイダーのIPアドレスから、自分のSMTPサーバーに接続してメール送信する場
> 合を考えると、PBLではじかれるのはどうもまずいように感じます。実際、ドイ
> ツに出張中に悪名高い ;-) t-online.deから接続したのですが、見事にはじかれ

> てしまい、接続に苦慮しました。

SMTP-Auth での認証に成功した場合には PBL を参照しないということです。
出張先からのメール送信でも SMTP-Auth で認証すれば、 あなたのメールサーバの
正当なユーザは弾かれずにメールを送信することができます。

> この、Spamhausをpostfixで利用するには、どのような設定が良いのでしょう
> か?お知恵を拝借したいのですが。。。。。。

smtpd_client_restrictions =
permit_mynetworks,
permit_sasl_authenticated,
reject something

とでも書いておけば SMTP-Auth を通ったユーザは BL に載っているか
否かに関わらず SMTP サーバに接続してメールを送信できます。
--
九州工業大学 学生自治ネットワーク委員会
岩男 皓一朗 <meta@xxxxx>

投稿者 xml-rpc : 2008年4月25日 08:12
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/72571
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。