2008年4月24日

[debian-users:50428] Re: メールの遅配

さとうふみやす @ OSS テクノロジです。

At Thu, 24 Apr 2008 14:11:06 +0900,
朧月 wrote:
> 旧版
> mydestination = lin.old.domain, localhost, localhost.localdomain, localhost
>
> 新版

> mydestination = lin.new.domain, localhost, localhost.localdomain, localhost

例示のドメインには example.jp などを使いましょう。

> mail.logの最新の部分は以下のようになってます。このサーバーのpostfixを
> 使って、メールを出してみました。
>
> Apr 24 13:58:56 localhost postfix/smtp[17658]: connect to
> ps.sakura.ne.jp[210.188.226.140]: Connection timed out (port 25)
> Apr 24 13:58:56 localhost postfix/smtp[17658]: A53328B803D:
> to=<hoehoe@xxxxx>, relay=none, delay=30,
> delays=0.02/0.01/30/0, dsn=4.4.1, status=deferred (connect to
> ps.sakura.ne.jp[210.188.226.140]: Connection timed out)

これだけでは何がどうなっているのか判断つきません。
どのような(ネットワーク的な)場所にある Postfix から、
どんな送信者と宛先でメールを配送したんでしょうか?

> >> あとはどこら辺を弄ればいいでしょうか。
> > 変更前後の構成によります。
>
> こちらとしてはドメイン名を変更しただけです。サーバーソフトの構成は全く変
> わっていません。

だからぁー、変更前のも変更後のも、その設定も構成も
私やこのメーリングリストを見ているあなた以外の人達には
まったくわからないのですが。

Postfix のネットワーク構成 (ISP の名前や接続形態
(ISP のサービスとか固定 IP or 動的 IP だとか) とか、
設定前後の `postconf -n` の出力くらい見せてください。

それに DNS (権威サーバー、キャッシュサーバー、スタブレゾルバ)
のほうはどのような変更をしたのでしょうか? レジストラや
サーバー構成は変わらず、本当に単にドメイン名を変えただけ?

--
-- Name: SATOH Fumiyasu (fumiyas @ osstech co jp)
-- Business Home: http://www.OSSTech.co.jp/
-- Personal Home: http://www.SFO.jp/blog/

投稿者 xml-rpc : 2008年4月24日 14:28
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/72481
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。