2008年2月 9日

[debian-users:50158] Re: USBフロッピーの無効化

やすいです。

機種が予想通りなら、とりあえずの解決策かも?

2008/1/31 Tohru Murakami <ml-debian@xxxxx>:
> Etch(4.0r2)のインストールにおいて、組み込みのUSBフロッピーの付い
> ているPCにインストールを行っているのですが、megaraid_sasよりも先
> にusb_storageにてデバイスを認識してしまうため、内蔵SASディスク

> が、インストール時は、sdbとして認識されてしまいます。

組み込み USB フロッピー & megaraid_sas ということは、DELL の
PowerEdge シリーズで、USB フロッピーというのは DRAC の仮想
フロッピーデバイスでしょうか?

もし仮にそうだとしたら、DRAC の Web で「メディア」→「設定」で
「仮想メディアの連結」チェックを外して「変更の適用」をすれば、
仮想フロッピーデバイスを認識しなくなるので、素直に sda で認識
されます。当然ですが、仮想 CDROM でのインストールはできなくなり
ますが…。^^;

ぼくは、PowerEdge 2950 でこの現象を確認し、この方法でとりあえず
しのぎました。ご参考まで。
--
安井 卓 <tach@xxxxx>

投稿者 xml-rpc : 2008年2月 9日 03:00
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/69602
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。