2006年7月 5日

[debian-users:46827] Re: woodyからsargeへのデータ移行について

鍋太郎さん
ありがとうございます

> まず、前提を整理しましょう。
> 目的は/homeの移行、つまり一般ユーザのみの移行、でよろしいですね。
>
> でしたら、
> 1.woodyの/homeを uid, gid, etc. の情報を保ったままsargeに移行する。

> 2.woodyの/etc/passwd, /etc/shadowから一般ユーザのエントリのみ抜き出し、
> sargeの/etc/passwd, /etc/shadowに追加する。
> ではいかがですか?
> #漏れがあれば指摘していただけるとありがたいです。
>

途中経過ですが一応うまくいきました
確認と修復が残っていますが

1.woodyから

passwd
 passwd-
group
group-
shadow

passwd- group- の働きは不明ですがあやしいのでコピー

2.rsync -avz --delete /home/ sarge:/home/

以上でうまくいったような
エントリしていないので先は長いですが

これでsarge 側でapt-get install xxxxをすると

dpkg: syntax error: unknown group `Debian-exim' in statusoverride file

というエラーで怒られました
今度は、落ち着いて?

groupadd Debian-exim

と入れるとエラーがなくなりました
これが正解かはわかりませんが


> > > > また/home 以下をrsyncするとownerがまったくおかしくなり
> > > > 再インストールするはめになりました
>
> > すべてrootになりました
> rsyncを行う際に -aオプションは付けましたか?
> そうでないと、元のuid, gid, etc. は保存されずに、
> 実行したユーザになってしまうと思うのですが。
>
> > やはりユーザが存在しないからですか
> ユーザが存在しなくても、-aオプションを付ければ、元のuidが保存されるはず。
> その場合、uidに該当するユーザが/etc/passwdになければ、uidそのもので見えるし、
> ユーザとuidの組み合わせが、移行元と移行先で異なっていると、
> ownerが変わってしまうことになります。
>
> --
 rsync error: xxxxx could not be transferred (code 23) at main.c(xxx)
xxxは不明
上記のエラーがでたので-a を外していました
 今-a をつけても再現しないので不思議です


以上です


鈴木@宮城


投稿者 xml-rpc : 2006年7月 5日 15:51
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/39021
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。