2005年4月26日

[debian-users:43505] ATIのドライバfglrxとワコムのタブレットを使うには

はじめまして、近藤と申します。
ワコムのタブレットを使用するとX起動時にkdmが立ち上がらなくなってしまうため、
アドバイスが頂けたらと思い投稿致しました。実は、最初Knoppixのメーリングリスト
に投稿したのですが、Knoppixそのものについての話題が主であったため、改めてこちらの
メーリングリストに投稿させて頂きました。マルチポストとなった点、ご容赦下さい。

さて、これまで、Knoppix3.4をHDDにinstallし、ビデオカード(ATI)のドライバにはfglrxを用
いて使用してきました。もともとfglrxの動作にも、Xの起動時、kdmの表示画面が赤くなった
り、真っ暗になったりするという難があったのですが、CRTの電源を入れ直すと正常な状態にな
るためそのまま使用していました。ところが、この度ワコムのタブレットを使用するに当たり

moduleを組み込んだり、/etc/X11/XF86Config-4を書き換えたりした所、タブッレットは正
常に動作するものの、X起動時にkdmが立ち上がらなくなってしまいました。
具体的には、
X上でコンソールからXF86Config-4を書き換え>再ログイン>正常(タブレット使用可
能) ですが、この後PCを再起動するとkdmが立ち上がらなくなってしまいます。
ただ、この時rootから#xdmでxdmは起動できました。(タブレットも正常に動作)。
diplay-manegerとしてxdmを使用すればよいのですが、rootからxdmを起動しなければならず、
又、root以外ではPCの電源をoffにできないことから、kdmが使えたらと考えております(xdmで
もroot以外での電源offを可能に変更できるらしいことを最近知りましたが、できればkdmで、と
思っています)。 又、# dpkg-reconfigure kdmでxdmをdisplay-manegerとして選択した所、
#xdm、#kdm共に起動できませんでした。
現在、/etc/X11/XF86Config-4を元に戻して使用しておりますが、kdmを起動させ、且つ、タブレッ
トを使用可能にするにはどの部分を検討すべきでしょうか?

更に、先日fglrxのバージョンを上げた所( fglrx-4.3.0-3.14.6>fglrx-8.12.10-1)、事態は更に悪化し、
タブレットが使用できるようにXF86Config-4を書き換えた後、Xからlogoutすると、画面が真っ暗
になってキー入力すらできなくなってしまいました。

御指摘が頂ければ幸いです。
必要な情報については適宜調べて返信させて頂きます。

投稿者 xml-rpc : 2005年4月26日 01:09
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/16600
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。