2005年4月19日

[debian-users:43486] Re: wildcard dynamic map entry no longer supported.

皆様、原因となった場所がわたりました。

postfx, courier-imap-ssl, proftpd, squirrelmail を test版にし、
依存関係のあるファイルも install したことで警告が発生したのですが

wildcard dynamic map entry というのは postfix が参照する
# The first match found is the one that is used. The only wildcard
# allowed is '*', which matches everything. The first %s is expanded
# to the map type.
#

dynamicmaps.cf のなかにありました。

# Postfix dynamic maps configuration file.
#
#type location of .so file name of open function
#==== ================================ =====================
* /usr/lib/postfix/dict_%s.so dict_%s_open
pcre /usr/lib/postfix/dict_pcre.so dict_pcre_open
ldap /usr/lib/postfix/dict_ldap.so dict_ldap_open

の* /usr/lib/postfix/dict_%s.so dict_%s_open
がwildcard になっていてこの形式が 2.x からサポートされなくなったようです。
ですから具体的に
tcp /usr/lib/postfix/dict_%s.so dict_tcp_open
pcre /usr/lib/postfix/dict_pcre.so dict_pcre_open
ldap /usr/lib/postfix/dict_ldap.so dict_ldap_open

と修正したら、警告がでなくなりました。


~

投稿者 xml-rpc : 2005年4月19日 11:09
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/16582
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。