2005年1月21日

[debian-users:42579] Re: X が上がらない

こんにちは。松田陽一@三鷹です。

From: Kenshi Muto <kmuto@xxxxx>
Subject: [debian-users:42573] Re: X が上がらない
Date: Fri, 21 Jan 2005 11:46:09 +0900

> 武藤@Debianぷろじぇくとです。

> > $ startx -depth 24 &> error.msg &
> >

> > というコマンドラインで立ち上げています。
> > startx を実行しますと、一瞬、 X の画面に切り替わるものの、すぐに落
> > ちてしまいます。
>
> 切り替わるということで、Xの設定はだいたい正しくできているんじゃないで
> すかね。
>
> ~/.xsessionがおかしい(アップグレードによって消失した古いプログラム名を
> 呼び出しているなど)という可能性はありませんか。

素晴らしい。
ほぼ当たりでした。

原因は、 apt-get upgrade に伴い、 WindowMaker が起動できなくなっ
たことでした。

> ~/.xsession-errorsの末尾のほうを見てみる、~/.xsessionを一度リネームし
> てみる、etc。

~/.xsession-errors には、こんなエラーメッセージが出ていました。↓

| /home/yoh/GNUstep/Library/WindowMaker/Styles/.listing: 成功です
| /usr/lib/WindowMaker/convertfonts: could not load style file.

当初、私も wmaker を疑いました。
wmaker の実行エラーを考慮して、 twm を環境変数に設定したのです
が、結局 twm は全然呼ばれてませんでした。
改めて ~/.xsession 中で

| WINDOW_MANAGER=twm

と書いてみたものの、それでも駄目で、良く見ると

| if [ -x "$WINDOW_MANAGER" ]; then

この条件文は、ウィンドウマネージャのフルパスを必要とすることを
完全に失念していました。

指摘され、改めて見直してこのミスに気付きました。
冷静さを失い、舞い上がっていると些細なミスを見逃してしまう、典
型例でした。
指摘されなければ未だに解決できなかった可能性が大です。
武藤さんには心より感謝します。

今は取り敢えず、 twm で急場を凌いでいます。
--
Nothing but a peace sign.
松田 陽一(yoh)
mailto:yoh@xxxxx
http://www.flcl.org/~yoh/diary/

投稿者 xml-rpc : 2005年1月21日 19:11
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/15737
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。