2005年1月17日

[debian-users:42500] Re: poweroff時などloをifdown出来ず

いまぜきです。

色々とstraceしたりして、現状をまとめるのに手間取りました。
結局、nisの設定が原因のようです。

以下は、ほとんど参考にならないとは思いますが、
strace -f ifdown -v -a
の結果で、待ちが入る部分です。

…(前略)…

fork(Process 3367 attached (waiting for parent)
Process 3367 resumed (parent 3362 ready)
) = 3367
[pid 3367] --- SIGSTOP (Stopped (signal)) @ 0 (0) ---
[pid 3362] waitpid(3367, Process 3362 suspended
<unfinished ...>
[pid 3367] execve("/bin/sh", ["/bin/sh", "-c", " route del default gw 192.168.1."...], [/* 11 vars */]) = 0
[pid 3367] uname({sys="Linux", node="<hostname>", ...}) = 0
[pid 3367] brk(0) = 0x80e5a94
…(中略)…
[pid 3367] munmap(0x40018000, 51889) = 0
[pid 3367] uname({sys="Linux", node="<hostname>", ...}) = 0
[pid 3367] open("/var/yp/binding/<nis domainname>.2", O_RDONLY) = -1 ENOENT (No such file or directory)
[pid 3367] socket(PF_INET, SOCK_STREAM, IPPROTO_TCP) = 3
[pid 3367] getpid() = 3367
[pid 3367] bind(3, {sa_family=AF_INET, sin_port=htons(999), sin_addr=inet_addr("0.0.0.0")}, 16) = 0
[pid 3367] connect(3, {sa_family=AF_INET, sin_port=htons(111), sin_addr=inet_addr("127.0.0.1")}, 16(ここで待つ)

nsswitch.confで、passwd, group, shadow, hosts, networksでnisを
頭に書いてあるのですが、passwdについて、nisを外すか後にすると、
さっと止める||リブート出来るように直せました。わかってしまえば
迂闊な設定ですよね…。
hostsも関係ありそうなのですが、nis files dnsの順で大丈夫そう。

はぁ〜、misconfigでした。ifdownのstraceをとれ、が参考になりました。
ありがとうございました。
--
Where there is a will,
There is a way.... imazeki@xxxxx

投稿者 xml-rpc : 2005年1月17日 13:04
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/15670
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。