2005年1月13日

[debian-users:42405] Re: poweroff時などloをifdown出来ず

いまぜきです。

From: Shoichi Imazeki <imazeki@xxxxx>
Subject: [debian-users:42374] Re: poweroff時などloをifdown出来ず
Date: Tue, 11 Jan 2005 12:44:11 +0900
kmuto> ifdownではなく、ifconfig lo down だとどうなりますか?
imazeki> 同じく、落せません。

kmuto> ん、このときはifconfig lo downで駄目なのに

kmuto> run-parts /etc/network/if-down.d
kmuto> ifconfig lo down
kmuto> run-parts /etc/network/if-post-down.d
imazeki> ここで止まりますね。

kmuto> このときにはifconfig lo downは通るのですか。

当初、「何台かある」という表現を使いましたが、インストール時
状況を説明したSK41G以外に、SatellitePro 490X(PentiumII/266)と
いう古いノートでもこの状況が起こっており、まずはそちらで追って
みたので、中間報告、みたいな感じです。

ifconfig lo downをstraceすると、この実行は正常終了している
ことがわかったので、ifdownをstraceしてみると、if-post-down.d内
スクリプトを実行するためのチャイルドプロセスをforkして「止まる」
ようです。なお、if-post-down.dの中は空です。

で、この「止まる」なんですが、実は、スタックしているのではなく
「以後の実行が遅くなる」が正しいことがわかりました。
if-post-down.dを呼びに行ってから15分ほど放置すると、「power
down」まで行きます。

ACPIによって遅くなるような事態は聞いたことがありますが、この
マシンではACPIを使えない(使うとPCI周りが変)のでブート時に
acpi=offしてあります。
ん〜、なんだろう…。
--
Where there is a will,
There is a way.... imazeki@xxxxx

投稿者 xml-rpc : 2005年1月13日 11:32
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/15582
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。