2005年1月 7日

[debian-users:42312] poweroff時などloをifdown出来ず

いまぜきです。

sargeなマシンで、カーネルを2.4.27(vanilla)にした辺りから、
shutdown/poweroffあるいはreboot時にloをifdown出来ず、rc0なりrc6
なりの途中で止まってしまうマシンが何台かあります。
つまり、"Deconfiguring network interfaces..."と表示したところで
止まってしまい、電源を落すかresetせざるを得ません。
全て異なるハードウエア構成で、boまたはwoodyからupgradeしてきた
ものです。

それらでも、稼働中だとloをifdownできるのですが…。

/etc/init.d/networkingスクリプトをちょっといじって、ifdown -a前の
実行中プロセスを確認したりしてみましたが(的外れ?)、怪しいものは
見つからず。

手作業でdaemon類を止めていって、マニュアルでifdown loしても同様
止まってしまいます。

一つdaemonを停止するたびにifdown loを繰り返して見るしかなさそうな
状況なのですが、どんな可能性があるでしょうか?
--
Where there is a will,
There is a way.... imazeki@xxxxx

投稿者 xml-rpc : 2005年1月 7日 14:32
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/15497
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。