2004年11月24日

[debian-users:42031] Re: modprobe.conf 消失後の alias 行指定は何処へ?

こんにちは。松田陽一@三鷹です。

From: Kenshi Muto <kmuto@xxxxx>
Subject: [debian-users:42028] Re: modprobe.conf 消失後の alias 行指定は何処へ?
Date: Wed, 24 Nov 2004 19:43:06 +0900

> 武藤@Debianぷろじぇくとです。

誰からも答えられないのかと思ってました。ほっとしました。

> /etc/modprobe.confはもう使われないですね(あると/etc/modprobe.dが無視さ
> れるんだったかな)。

そのようですね。
英語 manpage に記述を見つけました:

| NOTE: If the file /etc/modprobe.conf exists, all contents of /etc/mod-
| probe.d/ are ignored by default. It is up to the system administrator
| to keep them in sync, either using a tool to concenate files /etc/mod-
| probe.d/ and write /etc/modprobe.conf or using include statements to
| share the configuration data (see below).

> /etc/modprobe.d/aliasesでよいと思いますが、

apt-get upgrade で module-init-tools が更新されると、 /etc/aliases
が更新されるので、システムファイルとして手を付けてはならないものなん
だな、ということが推測できます。
そうすると、これはマズそうだ、という判断になりましょう。

> システムファイルいじるとあ
> とで更新時に聞かれるので嫌だ、というときには/etc/modprobe.d/localなど
> に記述すればよいでしょう。

なるほど。

今、思い出しました。
結局、

リンク名 Debian woodyをkernel 2.6にするメモ
URL: http://www.irori.org/doc/woody-2.6.html#modprobe_conf

この流儀に従うことになるんですね。
これって、パッケージや debian 公式 web 等の何処かの文書に記述があり
ますか?
undocumented じゃないか、という気がするんですけど。

と、ここまで書いて、なんだか自分が一番根本的な基本の部分を知らずに
Linux BOX を運用して来ているんじゃないのか、という不安に駆られてきま
した。

eth0, eth1, ... と、特定の LAN カードにデバイス名を固定的に関連付け
るために modprobe の為の alias 行を用いることは、運用として間違って
いませんよね?

と云いますのは、 /etc/modprobe.conf を廃止した、という理由が今一つ良
く判らないのです。
以前は /etc/aliases にユーザ固有の aliase 行を指定していました。
それが、 module-init-tools パッケージの預るところとなり、
/etc/modprobe.conf に書くように運用が変わったものと思っていました。
しかし、今度はこれが否定された。
まるで Linux BOX 運用者の裁量の余地を排斥するような改変のように思え
て、今までやって来たことが根本的に間違っていたんじゃないか、という不
安が拭えません。
--
Nothing but a peace sign.
松田 陽一(yoh)
mailto:yoh@xxxxx
http://www.flcl.org/~yoh/index.htm

投稿者 xml-rpc : 2004年11月24日 23:39
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/28175
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。