2004年11月24日

[debian-users:42021] Re: modprobe: FATAL: Error inserting apm

御回答ありがとうございます。さいとうです。

結局、Error は消えました。ありがとうございました。
その方法は、
/lib/modules/2.6.8-1-686/modules.dep:
->/lib/modules/2.6.8-1-686/kernel/arch/i386/kernel/apm.ko
の行削除。
/lib/modules/2.6.8-1-686/modules.alias:
->alias char-major-10-134 apm
の行削除。

です。
#良いのかわかりませんが...。

> 菊池です。
>
(snip)
> > 自機の状況は以下です。
> > a: /etc/modules には apm は記述されていません。
>
> 2.6 系カーネルをお使いでしたよね。
> 2.6 系カーネルから /etc/modules.conf から /etc/modprobe.conf
> に変わったはずです。
> /etc/modprobe.conf はどうなっていますか?

はい。2.6 系ですが、この file 自体存在してません。
因みに /etc/modprobe.d/ の下には、apm 関係の記述はありませんでした。

(snip)
> > #ls -R /etc/apm
> > /etc/apm:
> > event.d/ resume.d/ suspend.d/
> >
> > /etc/apm/event.d:
> > alsa* ppp*
> >
> > /etc/apm/resume.d:
> > 00hwclock@
> >
> > /etc/apm/suspend.d:
> > 99hwclock@
> > でした。これって何でしょう?
>
> apmd の名残りだと思います。
> apmd を削除した、とおっしゃっていましたが、dpkg -r ですか?
> dpkg --purge で消えませんか?

%apt-get remove --purge apmd
で消したのですが、
-----
dpkg - 警告: apmd の削除中、ディレクトリ`/etc/apm/suspend.d'が空でないため削除できませんでした。
dpkg - 警告: apmd の削除中、ディレクトリ`/etc/apm/resume.d'が空でないため削除できませんでした。
-----
となり、この /etc/apm/resume.d/00hwclock, /etc/apm/suspend.d/99hwclock
の link はどうやっても自動的には消せないようです。

以上です。


投稿者 xml-rpc : 2004年11月24日 10:59
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/28145
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。