2004年11月10日

[debian-users:41937] Re: カーネル再構築でエラーになります

下野です。

黒岩さんから直接メールを頂いたのですが、せっかくですのでこちらに投稿させて
いただきます。(黒岩さんの了解をもらっています)

黒岩さんからのメール
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
>  ・bcm5700-source_7.3.5-3_all.deb
>
> http://packages.debian.org/unstable/net/bcm5700-source.ja.html

>  ・kernel-source-2.4.19_2.4.19-4.woody2_all.deb
> http://packages.debian.org/cgi-bin/search_packages.pl?keywords=kernel-source-2.4&searchon=names&subword=1&version=all&release=all
>
> これで、カーネルを再構築、bcm5700を組込、grubのmenu.lstを編集し
>て無事 カーネル2.4.19で起動し、NICが使用できるようになりました。

私も同じサイトからbcm4400のソースパッケージをダウンロードしてCDに焼い
たのですが、以後のやり方が解りません。

Debianマシンにコピーしてdpkg -iでインストールは出来たのですが、ソースパッ
ケージのせいかmodoconfにbcm4400は現れず、再起動してもNICは認めてくれませ
ん。

BCM5700はどのようにして組み込みに成功されたのですか。makeコマンドを調べ
てみましたが具体的にどうするのか解りませんでした。

参考にするサイトなどでも教えて頂ければと思うのですが、よろしくお願いしま
す。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

で、上記のメールに対して私の下記のインストールメモを紹介させていただきました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
debian NIC bcm5700 デバイスドライバの組込

1.debianをインストール後ブートローダをgrubに変更する。
※「カーネル追加手順」参照

2.必要なツールのインストール(apt-get install,debファイルを持ってきた場合はdpkg -i)
  ・kernel-package
・debhelper
  ・module-assistant
  ・libbz2-1.0
・bzip2

3.実際に使用するカーネルソースをサーバに持っていく。
この時点ではネットワークが使用できないので、下記URLからダウンロードした
  カーネルソースをCD-R/Wに焼いて持っていく。

Debianのパッケージ
http://packages.debian.org/cgi-bin/search_packages.pl?keywords=kernel-source-2.4&searchon=names&subword=1&version=all&release=all

kernel.org
http://www.kernel.org/pub/linux/kernel/v2.4/

#mount /dev/cdrom
#cp /cdrom/xxxxxx /usr/src

4.bcm5700 デバイスドライバをサーバに持っていく。

  下記URLからダウンロードして、CD-R/Wに焼いて持っていき、インストール。
  http://packages.debian.org/unstable/net/bcm5700-source.ja.html

#mount /dev/cdrom
#cp /cdrom/bcm5700-source_7.3.5-4_all.deb /usr/src
#cd /usr/src
#dpkg -i bcm5700-source_7.3.5-4_all.deb


5.カーネルソースのアーカイブを展開する。

#cd /usr/src
#dpkg -i kernel-source-2.4.19_2.4.19-4.woody2_all.deb
#tar xjfv kernel-source-2.4.19.tar.bz2

これで/usr/srcに kernel-source-2.4.19ディレクトリが作成される

6.bcm5700 デバイスドライバを展開する。

#tar xvfz bcm5700.tar.gz

これで/usr/srcに modulesディレクトリが作成される

7.インストールするカーネルソースのディレクトリにシンボリックリンクを張る

#ln -s kernel-source-2.4.19 linux

8.カーネルの設定ファイルをコピーする。

#cd linux
#cp /boot/config-2.4.18 .config

9.カーネルの設定

#make oldconfig
#make menuconfig

必要無ければ内容はさわらない

10.カーネルとデバイスドライバモジュールのコンパイル

#make-kpkg clean
#make-kpkg --revision=xxxxxxxx kernel_image modules_image

※かなり時間がかかる

11.コンパイルしてできたカーネルとデバイスドライバのパッケージを
   インストール

#dpkg -i kernel-image-2.4.19_xxxxxxxx_i386.deb
#dpkg -i bcm5700-module-2.4.19_7.3.5-3+xxxxxxxx_i386.deb

※grubを使用しているのでliloに書き込まないようにする。
 書き込むとliloが有効になり、再度grubの設定が必要となる。

12.grubに設定追加

#update-grub
#vi /boot/grub/menu.lst 編集する

13.今インストールしたカーネルで再起動する

14.bcm5700のモジュールを組み込む

#insmod bcm5700
#lsmod
でbcm5700が組み込まれていることを確認する。

エラーが出る場合はmake-kpkgがうまくいっていない。
念のため、3.の手順からやり直す。

15.ネットワークの設定を行う。

・/etv/network/interfaces
例)
auto eth0
iface eth0 inet static
address 192.168.8.110
netmask 255.255.255.0
network 192.168.8.0
broadcast 192.168.8.255
gateway 192.168.8.254

# The loopback interface
auto lo
iface lo inet loopback

・/etc/resolv.conf
例)
search
nameserver 210.172.193.70
nameserver 210.172.192.2

16.起動時にbcm5700を認識するよう/etc/modules.conf に設定追加

### update-modules: start processing /etc/modutils/arch/i386


alias eth0 bcm5700   <- この行追加


### update-modules: end processing /etc/modutils/arch/i386

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


投稿者 xml-rpc : 2004年11月10日 00:39
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/27679
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。