2004年11月 6日

[debian-users:41899] Re: カーネル再構築でエラーになります

下野です。

Yoshio Kuroiwa <yoshi-39s10.kurumi@xxxxx> wrote:

> 下野さんの状況はどんなものかは分かりませんが、私がdpkgで入れる方法を使っ
> た時の状況は次のようなものです。このような時にうまい方法があるといいので
> すが。
>
>  ノート型パソコンである。
>  cd-romからDebian基本インストールは出来た。

>  オンボードのNICを認めない。
>  認められるPCMCIA用LANカードを差し込んで使えるようにしたら eth0 intarrupt(s) dropped
>  というエラー表示が 絶えず出るようになってコマンドを打てない。
>  FDDはUSBなので/etc/apt/source.listなどを書き込んだファイルをコピー
>  することも出来ない。
>
> このパソコンを何とかkernel2.4.24にアップしてドライバーにb44を組み込むこ
> とが出来ましたが、残念ながらNICは認めてくれませんでした。パソコンによっ
> てBroadcom440Xはb44で認めてくれるものと認めてくれないものとがあるらしい
> です。
>

私の状況です。

タワー型です。(hp ml110 ATAモデル)
cd-romからDebian基本インストールは出来ました。
オンボードのNICを認めない。
別のWindowsPCで下記のパッケージをダウンロードしてCD-Rに焼いてDebianに
持っていきました。(認識できるNICを一時的にさして直接ダウンロードした
方が楽だし、スマートだったかも)
 ・bcm5700-source_7.3.5-3_all.deb
http://packages.debian.org/unstable/net/bcm5700-source.ja.html
 ・kernel-source-2.4.19_2.4.19-4.woody2_all.deb
http://packages.debian.org/cgi-bin/search_packages.pl?keywords=kernel-source-2.4&searchon=names&subword=1&version=all&release=all

これで、カーネルを再構築、bcm5700を組込、grubのmenu.lstを編集して無事
カーネル2.4.19で起動し、NICが使用できるようになりました。

投稿者 xml-rpc : 2004年11月 6日 11:44
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/27599
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。