2011年12月 3日

[Apache-Users 7995] Re:Apacheを停止するたび,ZoneAlarm Free 10のせいで,WinXpProSP3が再起動する。

** Apache ユーザーズメーリングリスト **
** 注意:このメールへの返信は Apache-Users へ行きます **

Okamoto 様,早間 様,TACO 様,ご回答ありがとうございます。
お返事が遅くなり申し訳ありません。

Okamoto 様
実はまだZoneAlarmのほうに質問をしておりませんでした。

下記のように早間様のご回答に関連がありそうですので,このことを書いたうえ
でベンダにメールしてみようと思います。
Free版なのでどこまで対処してくれるかわかりませんが,ピンポイントで問い合
わせれば,何らかの回答をもらえるのではないかと思います。


早間 様
ご回答いただき検証してみましたが,どうやら,ご推察が正しいように思われます。

Windows版Apacheにおいて起動すると,初期状態でプロセスが2つできます。親
プロセスとリクエストを処理する子プロセスということだったと思います。

で,起動中は親プロセスについてだけ,httpd.pidファイルができるのですが,
ウインドウズ タスクマネージャから,親→子の順でプロセスを停めますと,pid
ファイルはそのまま残ります。子→親の順だと,当然というか,再度子が作られ
ます。

正常に停止されれば残らないはずのhttpd.pidが残ったせいで,次のApacheの起
動のときに,pid file overwrittenの警告がerror.logに出ますが,pidが残った
ままだと,ZoneAlarm Free 10を起動させたままでも,Windowsの再起動が起らな
いことが確認されました。
この辺りをうまく処理すれば,手を焼いた再起動を何とかできそうな気がします。


TACO 様
諸般の事情で,間に合わせでZoneAlarm Free 10の使用を始めたのですが,他の
ファイアウォールについても考慮してみたいと思います。
--
入退会・変更・配送一時停止は以下へ
http://www.apache.jp/mailman/listinfo/apache-users


投稿者 xml-rpc : 2011年12月 3日 16:37
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/107691
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。