2011年8月23日

[Apache-Users 7926] Re:2.2.19でコンパイルエラー

** Apache ユーザーズメーリングリスト **
** 注意:このメールへの返信は Apache-Users へ行きます **

おはようございます.山口と申します.

> 菊地です。
>
> 回答になってないかもしれませんが、私のところではこうやって

> make できていますということで。

snip

> $ export LDFLAGS="-L/usr/local/ssl/lib -R/usr/local/ssl/lib
> -L/usr/local/lib -R/usr/local/lib"
> $ export CPPFLAGS="-I/usr/local/ssl/include -I/usr/local/include"
> $ ./configure (option もろもろ)
> >
> > $ make
>
> 違いは、環境変数を使っていること。-L, -R で指定するパスを
> 別々にしてることでしょうか。: で繋ぐ書き方ができるのかどうか
> 知りませんが、私の周りでは別々にしています。

昔,大学というところでの全学向けバイナリ提供サービス(NFS で提供)をやっ
た経験としては,
・LD_LIBRARY_PATHを指定させるべきではない.
・-R でリンク時にライブラリの場所を優先的決定する努力をする
というのが重要でした.

毎回 -R を設定するのは,見落としもありますし手間でもありますので,
個人的には LD_RUN_LIBRARY_PATH を設定して保守する努力をしています.
(LD_LIBRARY_PATHのように,colonで区切って列挙/管理できます)

もっとも,ports や pkgsrc のようなもので管理するのであれば,-R が有効
なのであろうと思います.

職場の環境で,個人の環境で,それぞれに合ったBCPを選択する努力をしてい
ただくのが吉かと思います.
個人的な結論は,上で書いた通りになっていますが.:-]

情報共有までに

-- 山口@嫌われる戯言
--
入退会・変更・配送一時停止は以下へ
http://www.apache.jp/mailman/listinfo/apache-users


投稿者 xml-rpc : 2011年8月23日 07:49
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/105952
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。