2010年5月24日

[Apache-Users 7723] Re:apr のバージョンアップ

** Apache ユーザーズメーリングリスト **
** 注意:このメールへの返信は Apache-Users へ行きます **

川井です。

まず、apr, apr-util のリビルドについてですが、
RHEL5.3 の apr-util の spec ファイルに従って、同じように
ビルドすればよいはずです。


ちなみに、CentOS5 の spec ファイルではこんな感じに
なっていました。
%configure --with-apr=%{_prefix} \
--includedir=%{_includedir}/apr-%{apuver} \
--with-expat=%{_prefix} \
--with-ldap --without-gdbm \
--with-sqlite3 --with-pgsql --with-mysql \
--with-berkeley-db \
--without-sqlite2 \
--enable-dbd-dso
http://mirror.centos.org/centos/5/os/SRPMS/ から srpm
を取得すると spec ファイルも出てきます。

次に、本体の再コンパイルが必要か、という話ですが、
apr のバージョンを 1.2 から 1.3 にする場合なので不要でしょう。
http://apr.apache.org/versioning.html

また、module をビルドする話ではないので、apxs はここでは
登場しません。

一般論として、os配布元でパッケージ管理されているものは、
その仕組みに従ってバージョンアップをしたほうが
混乱がなくてよいと思います。
自分自身の環境でバージョンアップをしたい場合は、
prefix を変更したほうが分かりやすいです。
この場合、httpd ビルド時に apr, apr-util の場所を
指定することになります。


(2010/05/24 12:31), Tsurutani Naoki wrote:
> ** Apache ユーザーズメーリングリスト **
> ** 注意:このメールへの返信は Apache-Users へ行きます **
>
> こんにちは、鶴谷です。
>
> <sekiya_kyuusaku@xxxxx> さん>
>
>> apache本体のリビルドをしないで
>> apr、apr-utilのみバージョンアップがしたいです。
>> (RPMではなく、ソースからインストール)
> (snip)
>> 自分でテストした際は
>> aprのソースを/opt/に一旦インストールし、
>> そこに出来たモジュールを/usr/lib64に展開後
>> ldconfigを実施。
>> その結果、httpdコマンドを実行すると、
>> undefined symbol: apr_ldap_ssl_init とエラーが表示されてしまいます。
>
> そんなことをしていいか、というのはかなり怪しいですが、
> apr-utilのconfigure時に、
> -with-ldap-include=/path/to/include --with-ldap-lib=/path/to/lib --with-ldap=ldap
> などは指定したのでしょうか?
>
>
> ---
> 鶴谷直樹
> turutani@xxxxx
> --
> 入退会・変更・配送一時停止は以下へ
> http://www.apache.jp/mailman/listinfo/apache-users


--
---
Hiroaki Kawai<kawai@xxxxx>
--
入退会・変更・配送一時停止は以下へ
http://www.apache.jp/mailman/listinfo/apache-users


投稿者 xml-rpc : 2010年5月24日 15:54
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/95908
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。