2011年12月10日

Re: Windows向けGNU Emacs23.3でサマリーバッファが化ける

伊藤です。

> .wl-summary-cache の保存時に encode-coding-region を使用している
> のですが、起動後に初めて encode-coding-region を呼び出した時に
> 結果がおかしくなるようです。

このバグは半田さんに修正をコミットして頂きましたので、
Emacs の trunk では解決されました。


--
伊藤 和博(Kazuhiro Ito)

投稿者 xml-rpc : 2011年12月10日 20:29
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/107639
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。