2010年12月11日

Re: 受信済みメールの Subjectを変更する方法について

伊藤です。

> > > たまに内容の分かりにくい Subject のメールを受信することがあり、サマリ上
> > > の Subject 表示を書き換えたいと思うことがあるのですが、メール本体の
> > > Subject を書き換えずにサマリ上の表示だけ変更する良い方法はないものでしょ
> > > うか?
> >
> > 以下のような感じで書き換えは出来ましたが、メモの設定と保存のコマンドも

> > 作らないと実用には厳しそうです。
>
> ありがとうございます。
> さっそく、試してみたところうまく書き換えができました。
(snip)
> 一点追加で教えて頂きたいのですが、作成して頂いたコードを .wl に書き込ん
> で起動すると *Compile-Log* バッファに
> Warning: reference to free variable `entity'
> と表示されてしまうのですが、このコードはどこで実行すべきでしょうか?

元のコードの

(defadvice wl-summary-line-subject (around use-memo-instead-of-subject activate)
(let* ((this-id (elmo-message-entity-field entity 'message-id))
^^^^^^
(memo (assoc this-id my-wl-summary-line-memo)))
(if memo
(setq ad-return-value (cdr memo))
ad-do-it)))

entity の部分は wl-message-entity にするのが正しいように思います
(wl-summary-line-subject のコードを見るかぎりでは)。

--
伊藤 和博(Kazuhiro Ito)


投稿者 xml-rpc : 2010年12月11日 21:43
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/100681
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。